赤磐市立磐梨小学校

1 基本的生活習慣を大切にし,規範意識と信頼関係に根ざした学級経営
・家庭と連携しながら,よりよい基本的生活習慣づくり(早寝,早起き,朝ごはん)や家庭学習習慣づくりに取り組む。
・教育相談を年3回実施し,児童一人一人の話をしっかり聞く機会を設ける。必要に応じて担任以外による教育相談や保護者対象の教育相談を実施する。
・毎週金曜日放課後に児童支援連絡会議を実施し,児童の現状の共通理解を図るとともに対応方法を検討する。また,特別支援教育コーディネーターや不登校支援担当を中心に校内委員会を組織し,必要に応じて外部機関との連携も図る。

2 読書タイム(水曜日8:15~8:30)
・本に親しませるとともに心の健康づくりの推進を図る。
・水曜日は,地域の図書ボランティアによる読み聞かせを行う。(低・中・高で月1回実施)他の水曜日は,担任も一緒に読書をする。

3 モジュールを活用した朝の学習(火・木・金曜日8:15~8:30)
・モジュールを有効に活用し,基礎的基本的な学習時間を確保する。児童の実態に応じて,国語科の漢字学習や算数科の計算練習,基礎学力向上プリント,学習到達度確認テストなどの 学習に当てる。

4 朝の会での暗唱

・知識や語彙の習得のために,学年に応じて,論語,ことわざ,慣用句等の暗唱に短い時間で繰り返し取り組ませる。

5 主体的・対話的で深い学びの実現を図るための授業改善
・特別活動の充実を図る。特に,学級活動を通して,「問題の発見」「解決方法の話合い」「解決方法の決定」「実践」「振り返り」のPDCAサイクルに基づいた学習過程の確立に努め,主体的・対話的で互いに高め合おうとする学級集団づくりを目指す。
・学力調査等の結果を全教員で分析,共有し,主体的・対話的で深い学びの実現を図るための授業改善に努める。

6 集団での業間活動(10:20~10:45)
・クラスタイム・・・豊かな人間関係づくりをめざして,クラス全員での外遊びを実施する。(水曜日)
・なかよしタイム・・異年齢間の人間関係を培うと共に6年生児童をリーダーとして活躍させる。(金曜日)
・持久走タイム・・・全校で動きを持続する体づくり運動に取り組み,冬季の運動の機会を増やす。(1~2月 月・木曜日)

7 人権教育

・人間関係を向上させ,自己肯定感や愛校心を育てるために,「めざせ!あいさつ日本一」に取り組む。
・12月の人権週間に人権集会を行い,全校で人権について考える機会を設ける。
・学期に1回は,友達の呼び方や言葉遣いに関する生活目標を設定し,定期的に自分たちの生活を振り返ることができるようにする。

8 開かれた学校教育の推進

・地域に様々な学校行事への参加・参観を呼びかけ,児童の様子を見てもらうとともに,学校 だよりを配布して,学校の様子を積極的に伝える。
・総合的な学習や学級活動で,地域の人材や特色を生かす授業や活動を取り入れる。
・保護者や学校評議員へのアンケートや学校評価を実施する。結果を分析し,全教員で共有することで,学校行事や教育課程の改善に生かすことができるようにする。
・授業公開や研修会への参加・連絡会等を通して,保・幼・小・中の連携を推進する。



Copyright(C) 赤磐市立磐梨小学校. All right reserved.